1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 社長と現場社員の熱量…

社長と現場社員の熱量の差を埋める為に

THE CLIENT INFO
企業名 株式会社アプレ
代表者 代表取締役 菊地温以 様
事業内容 金、宝飾品、貴金属地金の販売・買取・精錬
ブランド製品、時計、色石の販売・買取・修理
他リユース品(骨董、カメラ等)全般の販売・買取
リユース品、リサイクル品に特化した鑑定士・査定士の教育(アカデミー)
ダイヤ宝飾品・ブランド製品の各種オークション開催
リユース品の鑑定書発行
従業員 141名(2019年5月現在)
Webサイト https://apre-g.com/

ワンネス経営®導入のきっかけと決め手

もともとマネージャー研修を目的に様々な研修を探していたのですが、社員がいくつかセミナーを提案してきたうちの一つに「ワンネス経営®」がありました。マネージャーを育てることで、より自発的で主体性があるチームにしていきたいというか、私とリーダークラスとの間の、会社にかける熱量のギャップのようなものを埋めたかったという感じです。

決め手となったのは、チームでの研修を推進している点と、研修に対して不慣れな、苦手意識のある人でも受け入れやすそうだった点。メンバーの拒絶が激しかったらどうしようという不安もありましたが、 ワンネス経営® のセミナーは、メンバーもすんなりと受けていくことができました。

「社長のファンを作りましょう」という提案

セミナーを受講する際に、ワンネス経営®の開発者である福永さんから「社長のファンを作りましょう」という提案がありました。私自身、あまりそういうことは考えたことはなかったので、ぜひお願いしますと(笑)。そういう切り口は新鮮でしたね。私にとっても、社員に教育を受けさせる以外の目標がほしかったので、このお話はありがたかったです。

ワンネス経営®を受講したことで社員の発言が変わった

受講後は、社員それぞれが「誰かに言われたからやっている仕事、社長のための会社」ではなく、「自分たちの仕事、自分たちの会社」という意識で発言をするようになりました。

また、個々のプライベートな部分や考え方を共有することや、相手を認め、ほめ、反応すること。わかっていてもなかなかできていなかったことを、改めて気づくことができました。

また、冒頭にもお話した“熱量”の部分でも、解決の糸口は見つけられたかなと思っています。私は、お取引のある銀行を一年に一度は必ず全てまわったり、採用の最終面談は必ず自分でおこなったりと、基本的な部分は自分がやらないと気が済まないストイックなタイプなのですが、そういった私の熱量と現場やマネージャーとの熱量の差がありすぎるところが、当社の抱える問題でもありました。ですので、自分はこう考えていると社員に分かってもらうという点、熱量を分かち合うという点では、ようやく入り口に立てた感はあります。

ワンネス経営®を導入することで考えられるデメリット

「自発的で主体的」な人材が増えると、独立したいと考える人や、自分の考えを推し進めたいという考えを持つ人が出てきてしまうのでは…という不安を感じる経営者の方もいらっしゃると思うのですが、それは「個人の成長」を促しているということで、私としては歓迎すべきことだと思っています。

それ以上に大きな土台のうえに会社が成り立っているという自負はありますが、そこに合う人間と合わない人間、会社の成長過程に存在することができる人間とそうでない人間が出てくるのは当然のことです。会社の中では私が誰よりもアグレッシブに動いていると思っているので、社員との熱量の差を埋めることが、まずは必要だと思っています。

社長の思いや考えが伝わったことで起こった自発的な行動

このセミナーの後半で、私の誕生日があったのですが、社員全員からのコメント付きで動画をプレゼントしてもらえたんです。今までは一度もそんなことはなかったのですが、なんとなく私の思いや考えていることが伝わったうえでの自発的な行動なのかな、と思いました。実を言うと、私は創業者の一族とは違い、全く外部からきて社長になった人間なので、もしかしたら今までは社員の中で拒絶感や抵抗感もあったのかもしれません。

そういった部分がなくなり、受け入れて変わっていこうという姿勢が感じられました。当初、福永さんがセミナーの受講前にお話しされていた「社長のファンを作りましょう」というのは、こういうことだったのかなと。

熱量の差を埋めるにはお互いの理解が不可欠だと思います。そのような点から見てもこの変化はとても嬉しかったです。

第2期の受講が決定!

先ほど、自主性や主体性について話しましたが、好き勝手やればいいのではなく程よい緊張感の中で動いていけたらと思っています。新卒者がマネージャーらと同じ感覚で発言をすることによって下からの突き上げが起こると、社内にいい意味で「自由」と「緊張感」が生まれます。その中で、福永さんにはまだまだうちの社員を見てもらいながら、変えていっていただけたらと思っています。また、一期生のフォローも引き続きお願いしたいですね。

お問い合わせContact Us

ワンネス経営®プログラムは、インナーブランディング強化というアプローチを通して、お客様企業が求める成果を達成していくという「新しいチームビルディングのプログラム」です。
そのため、イメージが持ちづらい点があるかもしれませんが、どうぞお気軽にご質問、ご相談ください。